笑顔の女性

ボトックス注射でしわを改善|美しい肌を取り戻す方法

心の傷を癒しながら美しく

女性

美容整形外科での乳房再建手術は、乳がんの治療を受けた女性から注目されています。なぜなら乳がんの治療は主に、乳房内の病巣を切り取るという手術でおこなわれているからです。切り取ることで乳房は、膨らみが小さくなるだけでなく、形が歪みます。たとえば局部的にくぼんだり、下半分しか残らなかったり、乳頭がなくなったりするのです。こういった乳房になることで、心に傷を負う女性は多くいます。しかし美容整形外科で乳房再建手術を受ければ、乳房を再び美しく膨らんだ状態に戻すことができるのです。さらに、乳がんの発症前の乳房よりも、大きく美しい形にすることも可能となっています。心の傷を癒すことができる上に、一層美しくなることができるため、美容整形外科での乳房再建手術を希望する女性は多くいます。

乳房再建手術は、乳房の状態によって、異なる方法でおこなわれています。たとえば乳房がくぼんでいる場合には、人工乳房を挿入することで、くぼみを盛り上げるという方法でおこなわれます。また、乳房が大きく失われている場合には、まずは乳房に必要となる皮膚や皮下組織、筋肉などがお腹から採取されます。そしてそれを乳房に移植し、脂肪を注入することで膨らませるのです。そして乳頭が失われている場合にも、移植がおこなわれることになります。もう片方の乳房から乳頭を半分切り取ったり、あるいは太ももから皮膚と皮下組織とを切り取ったりして、形を整えながら移植するのです。いずれの乳房再建手術も、美容整形外科でおこなわれている美容目的の治療ですが、健康保険が適用されます。